FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総理と私


総理と私OST


やっと本作を見つけました。DVDではまだOSTしかでていないようですが,ShowTimeで配信が始まり,ダイジェスト版ではなく全編を見ることが出来ました。もったいなくて,少しずつ見たので数日かかってしまいましたが,これまで目にすることが出来なかった細部が見られて,ストーリーの全体が見られてよかったです。
まずは,イム・ユナちゃんの前の作品「Lave Rain」では少女と大人の女性の中間的な魅力が感じられましたが,本作ではなんといっても大人の女性としてのユナちゃんが見られた作品だと思います。まだまだ少女のういういしさも感じられるユナちゃんですので,今後主演するドラマでは高校生から30代40代まで幅広い役がこなせるのではないかと期待が広がります。本作では継母ではありますが,ママ役もこなし,ウリ,ナラ,マンセの3兄弟の愛情深い母親役を魅せてくれました。それにしてもジーンズ姿の足の細さにはいつも驚かされますし,アップで映ったときの手指の細さ,美しさはさすがですね。ホワイト,グレーの衣装がよく似合っていましたし,ブルーやレッドの濃い色の衣装も,まあ何を着てもスタイルの良さは際立っていましたし,髪を下ろしているときも,ポニーテールにしているときもすっきりした顔立ちが生えるすごい女優だなと改めて思います。相手役のイ・ボムス氏との適度に距離を置いた年の差カップルも生かされた脚本で,ときおり事故的に触れあう二人が心を通わせ合っていき,別れを選んでいくときの予定されてはいたものの箏はならないで欲しいという聴衆の気持ちをうまく引き出し,16話では涙が止まりませんでした。そして最終話の父親との辛い別れ。そして自分を高め見つめ直すための1年間の旅立ちと周囲の変化,それが最後にコンパクトにまとめられ,新たな旅立ちで締めくくるあたり,ドラマとしての完成度が高い作品だと思います。「アラビアン・ナイト」を骨組みにしたこの作品,総理から大統領へと階段を上っていこうとする庶民派のクォン・ユルという存在が,できれば,第2作に,そしてマンセに弟か妹が出来ればきっとお兄ちゃんとして張り切るだろうなと思わせる期待を抱かせる作品でもありました。本国視聴率がそれほど高くなかった作品ですが,きっと財閥の受けがよくなかったからでしょうね。
さてユナちゃんは最近どうしているのでしょうか,スンギ君との噂もその後あまり聞きませんし,中国で映画に出ているという噂?いや,韓中協力ドラマでの主演もできあがったようですので,日本上陸が待ち遠しいです。初めての時代劇?きっときりっとした美貌は時代劇にこそふさわしいように思います。

スポンサーサイト

テーマ : 韓国ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

斜麓駆

Author:斜麓駆
こちらをどうぞ

FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。