FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トンイ(同伊) (3)

トンイ DVD-BOX Ⅲトンイ DVD-BOX Ⅲ
(2012/03/21)
ハン・ヒョジュ、チ・ジニ 他

商品詳細を見る

「チャン・オクチョン」を見る前に,お復習いのつもりで本作第27話から第55話までを見ました。
本作は,イ・ビョンフン監督のかなり斬新なトンイ解釈でできていると謂われていますので,史実と異なるエピソードが沢山ちりばめられていると思いますが,初めは粛宗に愛されて世子を設け,王后にまで上り詰めますが,その地位を守るため一族で様々な企てをし,遂には身を滅ぼしてしまう生涯を,愛と権力欲という普遍のテーマの下に描かれていることが,禧嬪を中心に見ることで,はっきり感じられました。最後には憎き政敵トンイに世子を託すしかない母としての愛情にも哀れさを感じます。イ・ソヨンさんの張禧嬪は,品のある美しさと激情を迸らせながら相手にくってかかる激しさ,そして冷静に企てをするときの怖いほどに冷徹な表情を見事に演じ分け,演技派女優としての地位を不動にした作品になったのではないかと思います。
一方で,一年以上にわたる長い準備と撮影の間に,ハン・ヒョジュさんやパク・ハソンさんも演技指導を受け,女優としての地位を不動にした作品だと謂われています。
宮廷という閉じられた空間の中でうごめく人の欲と愛の物語と,権力よりも大切な心,つまり人から奪うのではなく人に分け与えることによって悦びや幸せを感じるという生き方が宮廷や政治の世界でも可能だとするトンイの言葉に込められたメッセージが,登場人物たちの生き方を通してじわじわと伝わってくるところは,さすがにビョンフン監督の一人舞台だなという感じが否めません。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国時代劇
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

斜麓駆

Author:斜麓駆
こちらをどうぞ

FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。