スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクシデントカップル

アクシデントカップル<韓流10周年特別企画DVD-BOX>(8枚組+特典ディスク)【期間限定生産】アクシデントカップル<韓流10周年特別企画DVD-BOX>(8枚組+特典ディスク)【期間限定生産】
(2014/03/26)
ファン・ジョンミン、キム・アジュン

商品詳細を見る

全巻制覇シリーズ第61作目。(2009-KBS-全16話)
国を代表する美人女優と郵便局員のおじさんのロマンティックコメディ。とても上質なエンターテインメントとして,どの場面をとっても思わず笑顔がこぼれ,涙がこぼれ,癒やされる作品。
ヒロインのキム・アジュンさんは1982年10月生まれということなので,2009年の上半期は満27歳だが,愛らしさと女性らしさ,抜群のプロポーションと歌のうまさを発揮し,20代にも30代にも見える初々しさとフェミニンさを見せるマルチな美しさを持つ女優さんだと思う。ヒーローのファン・ジョンミン氏は1970年生まれなので,この時すでに39歳。アジュンさんとは一回りの年の差だが,それほど年の差が感じられない若々しさと円熟味を醸し出している。ストーリーとしては毎回いろいろな問題が出てきてドタバタするのだが,ドタバタぶりが嫌みがなく,すっきりと解決しながら各話が進行していくので,盛り上がりに欠けるのかというと,この二人の主演者の演技と魅力,そして登場する俳優さんたちの個性が光って目を離せなくなる作品になっているのではないかと思う。
トンイのイニョン王后役で一躍スターダムにのし上がった好感度ナンバーワン女優パク・ハソンさんが,令嬢役で登場場面の最後の5パーセントのところで名演技を見せるという凝った俳優起用をしている。また,敵役のチェ・サンウク氏もファーザーコンプレックスのイケメン男性の役を見事にこなしている。
「オーヴァー・ザ・レイボー」,「ア・ホール・ニュー・ワールド」がドラマの重要な曲として何度も使われ,とくにキム・アジュン女史が歌う「オーヴァー・ザ・レイボー」はナチュラルでエンディングの盛り上がりが工夫された名演奏になっている。平原綾香さんが挿入曲「感謝」を日本語・韓国語両方で歌っている。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

斜麓駆

Author:斜麓駆
こちらをどうぞ

FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。