FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白雪姫

白雪姫 DVD-BOX白雪姫 DVD-BOX
(2006/07/28)
キム・ジョンファ、イ・ワン 他

商品詳細を見る

全巻制覇シリーズ第33作目。2004年,KBS,全16話。
高校時代砲丸投げ選手として怪力ぶりを発揮したマ・ヨンヒは,肩を痛めて競技選手として成功することができなかった。そんなヨンヒがひそかに思いを寄せ続けている憧れの男性ハン・ジヌには26歳になるまで8年間,告白できずに友達扱いされ続けてきた。そんなジヌに強烈にアタックしてきたのはヨンヒの同級生チャン・ヒウォン。そして,ヨンヒのもとにジヌの腹違いの弟ハン・ソヌが下宿することになり・・・。さらにある日ソヌを訪ねて日本からミナコという娘がやってきて,ヨンヒとソヌ,ミナコの不思議な生活が始まる。こんな設定のラブコメディ。
とにかくヨンヒ役のキム・ジョンファさんが,アフロチックな髪形と真ん丸メガネ,怪力のため思わずやってしまう失敗を含めてドジぶり,無知ぶりを幾度となく繰り返すドタバタ喜劇の面白さが前半。もともとのあの美貌と長身のスタイルのよさ,そして笑顔のかわいらしさが,真ん丸メガネでより強調され,滑稽というよりアニメのヒロインのかわいらしさが存分にでていて,第1話から惹かれていってしまう。10話あたりから,メガネが外れ,髪型が変わり,服装も大人っぽくなったりと,本来のジョンファさんの美しい姿に戻っていくのだが,かえってフィードバック映像で出てくる物語の初めのころのジョンファさんの方が美しく感じられる。全話を通して出ずっぱりのジョンファさんの演技もコミカルからシリアスへと,そして年下の恋人イワン君(キム・テヒさんの実弟)演じるハン・ソヌとの交際で見せる大人の悩める女性の魅力へと,さらに最終話に見せる姿は大人でも行動は昔と変わっていない姿など,ジョンファさんの魅力を余すところなく描いている作品。「1%の奇跡」が2003年なので,その翌年の二つ目の主演作品ということになると思う。
「1%・・・」のメイキング映像やインタビュー映像を通して,ジョンファさんの明るく,しっかりした考えと周囲を思いやる発言,そして性格の良さが存分に伝わってくるが,この「白雪姫」でも,そんなジョンファさんの外面と内面の両方を十分に引き出している作品ではないかと思う。
邦題の「白雪姫」は原題の「ペクソルゴンジュ」の直訳でヒネリがないなぁと思います。
8年間の片思い。それに気付かず女性を親友扱いしてしまう鈍感な色男,こんな純情な二人の恋愛ドラマが前半,年下の男の年上の女性への憧れとプライドのコンプレックスと,才能ある男を支える自信をもてない女とのすれ違いを,微妙な恋愛感情の変化で描く後半,の二部構成をジョンファさんが一人で背負って成立させているのは,やはりジョンファさんの出世作といってもいいでしょうね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

斜麓駆

Author:斜麓駆
こちらをどうぞ

FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。