FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大丈夫、パパの娘だから

大丈夫、パパの娘だからDVD-SET 1大丈夫、パパの娘だからDVD-SET 1
(2011/08/26)
ムン・チェウォン、チェ・ジンヒョク 他

商品詳細を見る

全巻制覇シリーズ第22作目。
ムン・チェウォン,カン・ウォン,イ・ヒジンの姉兄妹と父親役のパク・イナン,特に姉妹と父の関係が密接な家族が冤罪事件に巻き込まれ,次々と困難が襲うが,被害者の兄弟ヒョッキ役のチェ・ジニョク,ウッキ役のイ・ドンヘ,そしてバンドの仲間,バイト先の社長やその娘でムン・チェウォンの中学の同級生,そしてイ・ヒジンの嫁ぎ先の家族たちを巻き込んで,ヒョッキの弟ドッキの死の真相を探るとともに,真犯人の弁護士親子のゆがんだ親子関係を描くホーム・コメディ。
娘たちのファーザー・コンプレクスは,周囲の仲間たちが父親役のパク・イナンの人柄に惹かれ,次々に助力を申し出るという設定でかなり和らげられている。
また,真犯人のパク・ジュンソクのゆがんだ性格,病的な自己中心的言動をチョン・テスが迫真の演技で見せている。
裕福で幸せに暮らしている家族がちょっとした事件で不幸のどん底に落とされるが,ヒロインの明るく立ち向かう姿に,周囲の人たちの助けでハッピーエンドに,という設定は,ムン・チェウォンが敵役になった「華麗なる遺産」と同じパターンだが,本作品はヒロインのみならず,ヒョッキ・ウッキ兄弟や病院長家族など多くの人々が過去に立ち向かい,裁判で自らの過去が暴かれるにもかかわらず勇気をもって証言していく姿を通じて,正しいことに勇気をもって立ち向かうことのカッコよさを描くという側面を強調した作品だと思う。
ウッキ役のイ・ドンヘがやたらとカッコよく,またヒョッキ役のチェ・ジニョクの歌う挿入歌が素晴らしい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

斜麓駆

Author:斜麓駆
こちらをどうぞ

FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。