FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トンイ (1)

トンイ DVD-BOX Iトンイ DVD-BOX I
(2011/09/30)
ハン・ヒョジュ、チ・ジニ 他

商品詳細を見る

第4話から最終話まで見ました。
第4話でトンイが少女役のキム・ユジョンちゃんからハン・ヒョジュさんに変わります。(おそらくトンイ17歳ぐらい)通して最終話まで見たのは3回目ですが,見る度に新しい魅力に気づきます。
史実との違いはかなりあるのでしょうが,ドラマではトンイを剣契の首長の娘と設定することにより,賤民出身ということを生かしたストーリー展開を可能にしています。また,宮廷での権力争いや陰謀を細かに描くことにより物語に緊張感をもたせ,その都度事件を解決することにより,王とトンイとの心の交流が深まることや,トンイの周辺の人々が次第に宮廷の常識から解放され,人間らしい生き方や感覚を取り戻していく様子を描くことにより,力や地位に対する欲よりも,心が満たされることによって人は幸福になれるというメッセージが伝わってきます。
回を重ねる度に,トンイの,というよりヒョジュさんの美しさも凄味を増していき,特に各回の最後にアップになる表情は,メイクアップの効果もあるのでしょうが,現代劇では見られないヒョジュさんの魅力を痛いほどに伝えてくれています。10代後半からおそらく30代後半ぐらいのトンイだったと思いますが,ヒョジュさんは演技,話し方でその変化を十分に演じ分けていました。淑媛となって入宮してからは,女官時代よりも眉を少し濃く・太くして,目のアップを通じて,決意や怒りの感情を大きく見せる効果をもたらしているようです。一方,王と軽口を言い合う時のヒョジュさんの表情には現代劇と同じような表情が見られ,素の美しさが視聴者をほっとさせています。
何度も命を失うような危険を冒しながら真実に近づこうとした少女期から女官時代。そして,後宮になってからの我が子を守るための戦いが賤民時代に目にした一つの手信号によって貫かれ,最後にチャン・ムヨルとの対決においても,それまでわなを仕掛けられてきた経験から陰謀を見抜き,事件を解決していくストーリー展開には,視聴者もカタルシスの解消に大きく役立っているのではないかと思います。
ヒョジュさん以外に,監察女官のハン・ダミンさん,チョン・ユミさん,世子付き女官のソ・ジヨンさんなどが今回特に気に入った女優さんです。また,イニョン王妃役のハク・ハソンさんは,ヒョジュさんとは同年代なのに,堂々とした演技と,亡くなるときの真に迫った演技がとても印象がいいですね。アンケート結果でも最も好きな登場人物で第1位の座は動かないでしょう。
当時はすでにハングル文字が一般では使われていますので,宮廷の公式の文書はすべて漢字で表記されていますし,トンイが王に送る手紙も漢字で書かれていましたが,第40話でトンイが避接先からいなくなる場面でポン尚宮に書き残した手紙などはハングルで書かれていました。
映像上気になった点もいくつかありますが,第53話でクムを助けようとして身を挺して刺客の前に飛び出したトンイが,背中を切られたはずなのに,手当てを受けるときは肩から胸にかけての部分を医女が止血していた点もその一つです。
史実では王とトンイの年齢差は9歳ですから,チ・ジニさんはちょっと老けすぎかもしれませんが,ひょうきんキャラクターをあれだけこなせるのは,やはり「結婚できない男」を好演したチ・ジニさんがふさわしいですね。低い身分で後ろ盾もなく,長い間王の愛情を一身に受け続けることができた実在のトンイも,きっと容貌が優れていただけでなく,常識にとらわれずに王の言葉を受け止めて,それを実現させていこうとする賢さと心の持ち主だったに違いありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

斜麓駆

Author:斜麓駆
こちらをどうぞ

FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。